西川口駅徒歩0分|西川口こころクリニック 双極性障害(躁うつ病) 心療内科 精神科 内科 川口 蕨 戸田 鳩ケ谷 南浦和

電話
048-229-0117
当日の初診もお受けいたします
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

土曜日は14:00~18:00

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)とは

病名にある「双極」とは、「2つの極がある」という意味合いであり、双極性障害とは気分が高揚する躁状態と意欲が低下して憂うつになるうつ状態、この正反対の心理状態を繰り返す病気です。そのため「躁うつ病」とも呼ばれています。「うつ」しか現れないうつ病と治療法が異なるため鑑別が必要ですが、双極性障害の60%以上はうつ症状で始まることが多く、躁の症状が目立たないことも少なくありません。また、躁状態のときは、患者さん自身が病気であるという認識が乏しく、家族など身近な人から指摘されることもよくあります。躁の状態は単にエネルギッシュであるのとは異なり、思考にまとまりがなくなったり、気が大きくなったりします。それにより、仕事、人間関係などにおけるトラブル、浪費など社会生活に支障をきたすことが多いため、早めの治療が必要です。

双極性障害の症状

躁の症状

  • 色々な考えが次から次へと湧き出てたくさん話をしたり、じっとしていられなくなったりする。
  • 「自分は偉い」「自分はなんでもできる」と考える。
  • 眠らなくても平気になったり、活動量が増し色々なことに手を出す。
  • 浪費が目立つ。
  • 些細なことでイライラしたり、怒りっぽくなる。

うつの症状

  • 憂うつで、気分が重い
  • 何をしても楽しくない
  • 興味が持てない
  • 食欲がわかない
  • 眠れない
  • 思考力や決断力が落ちる
  • 疲れやすい
  • 消えてしまいたいと思うことがある
  • 自分に価値がないと感じる

治療法について

薬物療法と精神療法が中心です

薬物療法

薬物療法では、気分安定薬を中心に、症状に応じて抗精神病薬、睡眠薬などを組み合わせます。抗うつ薬は病状を不安定にさせることが多いため、抗うつ薬を服用している患者さんについては、抗うつ薬を慎重に減量していくことが必要となります。

精神療法

精神療法では、心理教育、考え方や物の捉え方、行動を変える精神療法である認知行動療法、生活リズムの乱れを修正する治療法の社会リズム療法などを必要に応じて行います。

クリニック概要
診療内科 精神科 内科 西川口こころクリニック
診療科目
心療内科 精神科 内科
住所
埼玉県川口市西川口1-6-17
扶桑ビル5F
最寄駅
JR京浜東北線
西川口駅西口徒歩0分
TEL
048-229-0117
休診日
月曜、日曜、祝日
診療時間
10:00~13:00、
15:00~19:00
(土曜日は14:00~18:00)
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

土曜日は14:00~18:00

大きい地図はこちら